CATEGORY Style [革製品・文房具]

Style [革製品・文房具]

[1315-201608] つくし文具店 つくしペンケースを購入。焦る必要はないけれど、もし見かけたら試してみて欲しい良品。

一部で話題を通り過ぎて半分幻のようになっているつくし文具店のつくしペンケースを購入しました。このブログを以前からお読みの方は、私は幾つかのカテゴリーをローテーションして興味が再燃することをご存じかと思います。現在文房具は…

Style [革製品・文房具]

[1278-201606] KOKUYO ReEDEN PREMIUM。日本の伝統紋様を全面に施した、少し上質な表紙のノートは目的と手段を逆転させる。

私の中では革靴や革製品とともに定期的に熱が上がるモノの一つに「文房具」があります。主に万年筆ですが、ちょっとしたノートや筆記具といった日用的なモノも好きです。例えば前回取り上げた、書くときにリングが手にふれないリングノー…

Style [革製品・文房具]

[1277-201606] キングジム 「テフレーヌ」。コクヨ ソフトリングノートとは方向性の異なる、書くときにリングが手にふれないリングノート。

日本の文房具は欧米のモノとは全く違った魅力があります。書きやすさや使い勝手は置いておいても、BICのボールペンが今も世界で愛されている理由とはまた違った魅力。発想が生んだ機能美のようなモノです。日本ならでは。そして、おも…

Style [革製品・文房具]

[1038-201510] 立ち机とGLEN HERITAGE レザーマット、Chromeboxは集中して一気に仕上げる作業には最適な組み合わせ。

昨年夏から試行錯誤を繰り返しながらも最近は落ち着いてきた「立ち机(スタンディングデスク)」。前回取り上げた座り仕事でのアーユルチェアーと使い分けながら、集中して一気に仕事を進ませるには最適なツールの一つです。 [0877…

Brand - コクヨS&T 測量野帳

[1029-201510] 10ヶ月後のHZK測量野帳2冊用カバー。あまりに意識することのない普通さが、普段使いの測量野帳に相応しい。

今年の手帳、というわけではなく、普段使いをしている測量野帳。私は昨年の12月からHZK Leatherの定番の一つ、測量野帳2冊用カバーを使っています。 気がつけば今年もあと3ヶ月で終わり。そろそろ手帳の季節になります。…

Brand - コクヨS&T 測量野帳

[0966-201508] 拘って気負っている限り辿りつけない境地に妻は既にいる。コクヨS&T 測量野帳を妻も普段使いし始めた。

気がつけば一年も既に折り返していて、来月に入るとそろそろ来年の手帳のシーズンとなってきますが、皆さん今年の手帳は当初の予定通りうまく使いこなせていますか? [0377-201412] 12月1日は手帳の日。あなたが選ぶ手…

Brand - PILOT キャップレス

[0757-201504] 日本で暮らしていて「ありがたいなぁ」と思う日本製品の素晴らしさ。今回は主に筆記具について語る。長いよ。

私、つくづく日本で暮らしていて良かったと思います。この国はあまりに地味に当たり前にその辺にありすぎて、有り難みも何も感じてもらえずに長く続いている名品がたくさんあります。そしてそれらのお陰で日々の生活も仕事も助けてもらっ…

Style [革製品・文房具]

[0437-201412] やっぱり新書が面白い。折角なので、より楽しく読めるように、革の新書カバーを探してみた。

以前、新書だけは紙の書籍で持ち歩いている、と書きました。 こうなると、新書カバーも同じ色の組み合わせで欲しくなります。 基本的にKindleもしくはiPhoneで本は読んでしまうことが多いのですが、新書だけは別なんです。…

Brand - PILOT キャップレス

[0388-201412] 私の「書く」はほぼ万年筆です。パイロットキャップレスは「書く」という行為をぐっと身近にしてくれる道具です。

元々万年筆自体は愛用していましたが、ここ最近はほぼ「書く」に関しては万年筆です。 ボールペンの紙を削っている、刻んでいるような感触も嫌いではないのですが、万年筆の独特の柔らかさが好きです。 万年筆と言えば、キャップを外し…