[1206-201603] UNIQLO MEN イタリアンサドルレザーベルトをオンラインストアで購入。これ、結局店頭販売されないのかな・・。(→追記:販売されました。)

スポンサーリンク

常日頃から何かとユニクロにはお世話になっております。まだ都心に展開する前は「悪かろう安かろう」の郊外店、大学生の時に実家に帰った時に身の回りの衣類を買い換えるためにお世話になるイメージだったのが、あれから20年、変わったものです。いや、そんなことはどーでも良い。ユニクロ、何シーズンかに一度、無印良品などと交互に私の中で熱が上がります。この2015AWの終わりから2016SSにかけてが私の久しぶりのユニクロ熱再燃時期です。

改めて。ベルトを変えるだけで、雰囲気がかなり変わると思う。

ベルトって大切です。靴における紐と同じくらい。意味が多少違う部分もありますが、ベルトがボロボロだったり色が合っていなかったりするだけで全く雰囲気が変わります。

[0708-201503] 革靴がボロボロ?ボロボロなのは革靴じゃなくて靴ひもです。

2015.03.14

ここ最近、スーツを着る機会もめっきり減ってしまったこともあり、そちら方面のベルトは状態が良いまま現在眠っております。時々から拭きしてますが、その程度。

で、私は普段も革靴愛用なのですが(あとはvibram fivefingers。)、そんな革靴に合わせるベルトをここ数年、折に触れてはチェックしておりました。良いものから色々と。で、今回、ちょうどユニクロ熱再燃とともにベルトを眺めてみたら、ちょっと惹かれてしまったので注文してみました。

ユニクロ MEN イタリアンサドルレザーベルト

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 08

今回私が惹かれたのがこちらのベルト。

ユニクロ MEN イタリアンサドルレザーベルト – UNIQLO ユニクロ

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 09

この秋冬からイタリアンベルトシリーズとして少しずつ展開を増やしておりますが、あまり売れていないのか「その他店舗販売日目安:後日」のまま一向に店頭に並ぶ気配を見せなかったのがこちらの「イタリアンサドルレザーベルト」です。

世界有数のイタリアンタンナーによって加工されたレザーを使用したイタリアンレザーベルト

世界有数のイタリアンタンナーによって加工されたレザーを使用し、デザインごとに最適な仕上げをしました。

男性であれば誰しもが小物へのこだわりを持っているもの。イタリアの一流職人の仕事の逸品を身につける事は、男性にとっての誇りであり、個性をさりげなく主張するものです。

ユニクロ|ベルト|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

このブログでは革靴を中心に、「革ガー」「タンナーガー」「革質ガー」といったことについても触れていますが、イタリア一流職人の仕事の逸品とユニクロという組み合わせがどれだけユニクロ層に受け入れられているか分かりません。

[0996-201508] インポートレザー信仰に見る革靴と私たちの関係。

2015.08.29

ちなみに今回購入した「イタリアンレザーベルト」はその世界有数のイタリアンタンナーの一つ、ヴォルピ社のモノです。

1951年創業、三世代目をむかえた、この地方の伝統製法を継承するイタリア植物タンナー協会に加盟しているタンナリー(皮革メーカー)。

ピット(浴槽式)と呼ばれる”なめし加工”の設備を持つ、この地域でも数少ないタンナリーで、一般的に4mm以上の皮革を入手することは非常に困難な状況のなか、多くの高級靴の堅牢さの必要な革底を供給してきた実績と特有の工場設備から厚く堅牢な革を生産できることが特徴です。

なめし加工も天然植物タンニンを使用して環境にも配慮し、希少なピットなめしの設備と、三世代に培った知識と経験で、スペシャリティのある皮革開発を続けているタンナリーです。

ただ、そんな蘊蓄だけで売れるほど最近の服飾業界は甘くはありません。皆さん目が肥えてきてますし、アメリカンだイタリアンだというだけで売れる時代ではなくなってきました。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 05

ただ、今回のこのベルト、良いですよ

適度な厚みと雰囲気、さらに革の匂い。ユニクロのベルトってCP高いです。但しウエストが合えば。

再び革靴を話題に出しますが、革の質なんて、一般的に他人から見てもほとんど分かりません。ガラスレザーとコードバンなんてしょっちゅう間違われますし、最近は人工皮革の質も上がってきました。

[1196-201603] 紳士靴が人工皮革になる日。メンテナンスフリーだからこそ意識してお手入れして欲しい理由。

2016.03.18

[0248-201406] 馬革と牛革。というより、コードバンとガラス仕上げのステアについての色々。

2014.06.18

ネットでお洒落系サイトの革の記述を見ていても、「ビジネスシューズには色々な革がありますが、ひとまずホースレザーを選んでおけば間違いありません」と書かれていることもありますし。

で、結局いつも脱線するのですが、何が結局大切かといえば、お手入れはこのブログ恒例ですが、連日着用しない、とか、靴や鞄といった小物とせめて色や風合いだけでも近づけておく、といったこと。そんな時に、ユニクロのベルトって非常に便利です。これだけの数を作る分、品質も安定していますし、雰囲気も悪くない。但し、ウエストが合えば、ですが。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 04

私、痩せてるんです。ウエスト70とか73とか。73だと時々辛い。そうなると、ユニクロのベルトって合わないんです。S、M、Lの3サイズで、それもウエスト大きめに作られていることが多かったからです。ベルトの穴の中央に大体こないんです。

それが今回のイタリアンレザーベルト、サイズ展開がMとL、更にこのサドルレザーベルトはネット先行販売(のまま既に数ヶ月)なのです。

サイズMで78cm~3cmずつ5穴。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 01

今回のベルトはMの場合、一番手前の穴の長さまでが約78cm、そこから3cm刻みで5穴です。ただ、厚みと固さがまだあるので、私でも手前から2番目(81cm)くらい。冬場だともう少し着込むので中央で良いかな、と思います。しっかり締めたければ緩いですが。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 03

まだ数日ですが、厚みもあってなかなか好印象です。お気に入りに入れてはいたのですが、これなら黒も欲しいな、と思います。ただ、オンラインストアのみなので、5,000円以上でないと送料が発生するのと、クーポンコードが使えないのでついつい後回しになってしまうのが、このブラウンを買うまで1ヶ月以上かかった理由。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 07

このまま店頭販売なく消える気もするので、気になる方はチェックしておきましょう。

ちなみにイタリアンレザーベルトシリーズ自体は既に店頭でほぼ販売されています。オンラインストア先行販売のままなのが、後発予定だった「イタリアンサドルレザーベルト」「イタリアンバケッタレザーベルト」の2つ。更に写真だけは出ているものの、いつの間にか販売開始時期が消えているのが「イタリアンブライドルレザーベルト」です。これ、確か4月ぐらいの発売予定って書いてあった気がするのですが。

店頭で展開されているベルトが、通常のユニクロのベルトと大きな違いが分かりにくく、更に価格が2,990円+税。最近は週末限定価格もあまりやらないので、敢えて選ぶこともないまま、「あまり売れてないし、このままオンラインストアだけにしておこうか」という判断にならないかが心配です。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 02

ひとまず私は基本的に気に入ったモノは色違いもしくは2組で揃えるようにしているので、この後サドルレザーベルトの黒、またバケッタレザーベルトも試してみようかな、と思っています。

1207-201603_UNIQLO SADDLE LEATHER BELT 11

文中にもあるように、革質などについて偉そうに語っていますが、私基本的に革好きですから。普通の革も勿論好きですが、名前にも意外と弱いのがマニアの特徴の一つです。

ユニクロ MEN イタリアンサドルレザーベルト – UNIQLO ユニクロ

ユニクロ MEN イタリアンバケッタレザーベルト – UNIQLO ユニクロ

追記:2016年4月6日 19:00 更新 「イタリアンサドルレザーベルト」「イタリアンバケッタレザーベルト」ともに店頭に並び始めました。

先週末辺りから「イタリアンサドルレザーベルト」「イタリアンバケッタレザーベルト」ともに店頭に並び始めました。購入前に店頭で実物を手に取ることが出来る、というのは非常に大きいですね。「サドルレザーベルト」は艶抑えめ、「バケッタレザーベルト」は表面が艶っぽい印象です。使うにつれて特にバケッタレザーベルトのほうは雰囲気も変わりそうです。

今日早速「イタリアンサドルレザーベルト」購入するつもりで店頭に行ったのですが、結局「バケッタレザーベルト」とどちらにするか(色展開もネット以上に多かったので)悩んでしまい、結局買わずに帰ってきてしまいました。興味のある方は店頭で一度手に取って見て欲しいな、と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログの「靴のお手入れ」と「選び方」が一冊の電子書籍になりました。

2014年4月から当ブログにて公開してきた200以上の「靴のお手入れ」と「靴の選び方」に関する文章をベースに加筆・修正を行い(実際にはほとんど書き直しました)、この度電子書籍として出版しました。 Kindle端末がなくても、お使いのiPhoneやiPad、Androidスマートフォンでも読むことが可能です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

[1187-201603] サイト更新時にプッシュ通知でお知らせする「Push7」に対応しました。

2016.03.03

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。