[1212-201604] UNIQLO MEN スリムフィットジーンズ MADE IN USA+を複数買い。見た目微妙でそそられなくても、一度試してみると良いと思います。

スポンサーリンク

今日もユニクロです。ここ数ヶ月、久しぶりに結構買っております。2年に一度くらい、無印良品とともに私の中でユニクロ熱が再燃します。先日は「イタリアンサドルレザーベルト」について書きましたが、その後無事店頭販売もされるようになりましたので、追加で購入しようと考えています。

[1206-201603] UNIQLO MEN イタリアンサドルレザーベルトをオンラインストアで購入。これ、結局店頭販売されないのかな・・。(→追記:販売されました。)

2016.03.28

何だかんだ言われつつもエキサイティングかつファッショナブルなドメスティックブランド、私たち日本人の国民服、ユニクロは偉大だと思います。

さて。そんなユニクロ。2015AW、2016SSとルメールとコラボということでそちらにばかり話題をさらわれておりますが(私も実際ルメールが誰か知らないまま、今回のユニクロ熱に合わせて幾つか価格の下がったところで買い揃えています)、実は最近は週末限定が一時無くなる中で思わぬ所で思わぬ値下げがされていたりして、実は面白いモノがあったりします。そんな一つが今回お話しする、「MEN スリムフィットジーンズMADE IN USA+」です。

ユニクロ MEN スリムフィットジーンズMADE IN USA+ – UNIQLO ユニクロ

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 05

ユニクロ MEN スリムフィットジーンズMADE IN USA+

時々出すユニクロのちょっと価格高めの何かしら拘った系商品。時々当たりますが、大抵そのままの価格では大ハズレなことが多いです。恐らくユニクロ層には心動かない部分で拘ってしまっているのでしょう。

ただ、私は意外とこういう企画モノ、好きです。

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 01

今回のMADE IN USAジーンズ、商品ページにもあるように、「生地・縫製・加工とすべて、デニムの発祥であるアメリカで作られました。生産過程においても、環境に配慮した加工で仕上げられたこだわりのエコデニム」です。

今回は「コーンミルズ」製とのこと。

リーバイス®との協業100周年を迎えた「コーンミルズ」の真実。 / RoC Staff / Ring of Colour

デニムカルチャーに多少なりとも興味があるなら、「コーンミルズ」の名を聞いたことがあるだろう。アメリカ・ノースカロライナ州グリーンズボロを拠点に、高品質なデニムを作り続けている老舗デニムメーカーである。同社のデニムはなぜ、昔もいまも、人々を魅了してやまないのか?

ただ、思った程反応が良くありません。既に当初の7990円から5990円、さらに先日3990円に下がり、今週初めに2990円になりました

色々理由はあるけれど、第一に店頭で見てイマイチ心が動かない。

実際、先ほどの「環境に配慮した加工で仕上げられたこだわりのエコデニム」というコンセプトが果たして「MADE IN USAのジーンズ」のイメージとかみ合っているのか、とか方向性が良く分からない、とかポリエステル20%、ポリウレタン1%なんて・・とか色々言われていますが、第一に見た目からしてあまり惹かれるモノがないのだと思います。

7990円出してこのジーンズを買おう、という明確な理由が見つけにくかったんですね。

私もオンラインサイトで初めて見た時に興味は持ったものの、5990円になった時に店頭で実際に実物を手に取ったところ、まったく心が動かなくて買いませんでした。

男性は蘊蓄が好きですが、男の蘊蓄とこだわりと上質は得てして格好良さには全く繋がらなかったりします。特に女性に対しては。で、今回は幾らMADE IN USAだろうとコーンミルズ社だろうが、そもそもジーンズ好きのグッとくる蘊蓄にはならなかっただけでなく、そもそも格好良くなかったのだと思います。第一印象が

なので、仕事に忙しくて自分の休日服は奥様任せの旦那さん用に、ユニクロの一般主婦層も買うこともなかったのでしょう。学生も同様。ユニクロとしては高いし。

ところが買ってみたら気に入った。今回の値下げで追加購入。

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 02

散々な書きっぷりですが、実際オンラインストア見ても全く売れてなさそうでした。全色全サイズ残ってましたし。

そんな中、ここ最近のユニクロ熱再燃の中で、3990円に下がった時に、でも折角だから試着してみるか、と思ったんです。最近人気の黒スキニーテーパードを試してみようかと思ったのですが、履いてみたらいまいちしっくりこなくて、ついでに手に取ったんだと思います。

で、試着してみたら、これがまた予想以上に良かったんです。あれ、これ、良いじゃん、って。

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 04

その時に購入したのが「69 NAVY」のサイズ「28」。現在この色は29~33はオンラインでは売り切れました。正直なところ、手に取った感じでは、生地の色や雰囲気は何となくのっぺりしている感じがして惹かれなかったのですが、駄目ですね、食わず嫌いは。これ、履いてみると意外と綺麗です。もうすっかり気に入ってしまってここ1ヶ月ほどかなりの頻度で履いてます。

その内に今週になって価格が2990円になりました。そうしたら、たった1000円の違いなのに、バタバタ減っていくんですよ。オンラインストア。どうやら2990円がこのジーンズのユニクロ民にとっての適正価格だったようです。

まだ店頭在庫は残っていますが、ネットは速いですね。実物を見たことがないからなのか、それとも下がるのを待っていたのか。とりあえず通常のユニクロジーンズよりも安くなったから買っといたのか

ジワジワとここ数日でサイズがなくなり、「67 BLUE」がとりあえず全サイズ売り切れたようです。個人的には気に入ったので次はこの色を買おうと思っていただけに、本日店頭で確保しました。

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 03

「08 DARK GRAY」とどちらを買うか迷ったんですけどね。ただ、売れ行き見る限りでは「67 BLUE」が危なそうだったので。

「ポリ混」とか「コーンミルズ」とか、「USA!」とか、どーでも良いから、今度うにくろ行ったら試しに履いてみて。

何で2本も買っちゃったんだろう、と考えてみるのですが、理由分かりません。先ほど挙げたように、このジーンズの私の中での適正価格がこの辺りだったのかもしれません。

ただね、幾ら安くても気に入らなければ買いません。無理して買って無理して履かなければならない理由なんてどこにも無いからです。第一私そこまでジーンズが好きなわけではないので。

にも関わらず、何だかんだとここしばらく履いている頻度も高く、また折角だから「08 DARK GRAY」も無くならない内に・・と思ってしまっているのは、何かが私の心を掴んだのだと思います。その何かは未だに分かりません。

1212-201604_UNIQLO MADE IN USA JEANS 01

勿論万人に合うとは思いません。ただ、きっかけが2990円だから、でも良いと思うんです。もうじき売り切れちゃいそうだから、でも良い。元値が7990円だし、といった考えでも良いと思います。

ただ、私の中では単なる一時的なユニクロ熱も否定できないけれど、前回のイタリアンサドルレザーベルト同様、無くならない内に気に入ったモノは揃えておきたいと思っています。

ユニクロ MEN スリムフィットジーンズMADE IN USA+ – UNIQLO ユニクロ

[1206-201603] UNIQLO MEN イタリアンサドルレザーベルトをオンラインストアで購入。これ、結局店頭販売されないのかな・・。(→追記:販売されました。)

2016.03.28
スポンサーリンク
スポンサーリンク