[1242-201605] Kindle雑誌99円均一セール再び。4ヶ月経った今も変わらず毎日持ち歩いているfireタブレットの魅力。

スポンサーリンク

2016年最初の私の中での「買って良かったモノ」でもあり、また、私のスマホやタブレットの使い方にかなり大きな影響を与えたのが、Amazonのfireタブレット 8GBです。その魅力についてはその際に4回に分けて触れましたが、4ヶ月近く経った今でも変わらず毎日必ず持ち歩いていますし、そのためカバー表面も摩擦による擦れが多少目立つようになってきました。

[1158-201601] Amazon fireタブレット 8GB。これは廉価版Androidタブレットではなく、プライム会員限定Amazon専用端末。

2016.01.28
1242-201605_Amazon fire Tablet 8GB 01

タブレット単体としての性能を考えれば、今では遙かに上のモノも数多く存在します。また、8GBというストレージ容量はKindle書籍一つ読むのにも気を使いそうな気もしますが、意外と気になりませんし、最近では16GB版も発売されました。外部ストレージ(Kindleは保存出来ないものの)も考えるのであれば充分です。

元々購入のきっかけの一つが、今年1月にAmazonで開催された「Kindle人気雑誌99円均一セール」ですが、

[1157-201601] 有名雑誌99円均一だしプライム会員はFireタブレット 8GBを買う良い機会だと思う。

2016.01.27

今回再びこの99円均一セールが開催されています。(2016年5月8日まで)

Amazon.co.jp: Kindle 雑誌99円均一セール: Kindleストア 1242-201605_Amazon Kindle Sale 01

実際前回大量買いした雑誌はほとんど積ん読のままなのですが、大きな動機の一つになるのは確かです。先月から学習を再開したNHKラジオ語学講座のテキストも99円になっていたりと大変ありがたいので、私もこの機に何を揃えようか、迷っています。前回は確か25冊近く購入したはず。

[0607-201502] 語学の学習にはやはりNHKラジオの語学講座しかないと思う。

2015.02.01

fireタブレットはスマホ+αの一台と考えるとうまく付き合える。

1242-201605_Amazon fire Tablet 8GB 02

これ一台に欲張っていろいろ任せようと思うと、恐らく不満が残ります。ついCPの高さに色々やりたくなってしまいますが、そういう点では万人向けではありません。

ただ、基本的なことは全てスマホに任せた上で、Amazonの様々なサービスを快適に利用しよう、と考えた時に非常に力を発揮します。なにせAmazon専用端末としては右に出るものがいないからです。

最近はAmazonのサービスもプライム会員向けとはいえ、書籍から音楽、ビデオ、フォトとかなり充実してきました。むしろプライム会員でないと送料が発生したり、と、普段Amazonを利用する人であればとりあえず年会費はかかるものの入っておいて損のないくらいの充実度です。恐らく元はすぐ取れる気がします。

で、これらのサービスは餅は餅屋に任せてしまえばいいんです。Amazon fireタブレットに決めてしまえば良い。最近はスマホも大きくなってきていますので、5インチや5.5インチのスマホ一台持ちで全て賄っても構いません。また、別途タブレットを持ち歩いているのであれば、正直不要です。ただ、そうでなければ7インチという大きさは動画を見るにも、書籍や漫画を見るにも、更に常に持ち歩くにも絶妙な大きさですし、男性であれば片手でも持てます。

この端末にTwitterやFacebook等々入れる方法は勿論ありますが。

個人的にはそれするならメインスマホに入れておけば充分でしょ、という気がするのです。fireタブレット自体がWi-Fi必須ですし、わざわざ外でテザリングしながらこれらのTwitterやFacebookを普段とは違う入力環境で無理して使う必要は無いと思うのです。それなら最近の大型化したスマホで充分です。

実際に、最近色々なレビュー等もあり、スマホを3台4台と持ち歩く少々おかしい状況が時々あるのですが、全てに同じようにTwitterやFacebook、更に私の通常の連絡手段Googleハングアウト(私はLINEは使わないので)などを入れておくと、結構鬱陶しいです。だって全てのスマホに通知が来るんです。正直メイン一台で充分です。

まぁ、そういう方は特殊だと思いますが、むしろそういう方であれば、尚更入れる必要なんてないんです。もうAmazon専用端末です。他何も使わない。スッキリです。

Amazonビデオが結構使えるので。持ち歩きにも充分。

反射防止の保護フィルムは必須ですが、最近Amazonビデオも充実してきています。プライムビデオではないものも多いので、それらは普通にレンタルになりますが、400円くらいで見始めてから48時間は視聴可能です。(見なければ30日間)外部ストレージにとりあえずプライムビデオ対象の観たい映画と一緒に保存しておいて、まとめて観るのもあり。勿論自宅であればfire TV stickのほうが快適かもしれませんが、手元でどこでも観られるfireタブレットも便利です。

最近ではDVDより先にAmazonビデオで観られる作品もあるので、結構ありがたくレンタルしています。

DVDより1ヶ月早く配信開始された「オデッセイ」。購入であればHD画像で2,500円ですが、レンタルならHD画像で399円です。

結局劇場で見逃した「クリード」も気がつけばDVDでのレンタルも始まっていましたが、観たいと思った時に貸し出し中や、返却忘れを気にせずにすぐ観られるのはやはりありがたい。こちらも金額は同じ。

「エベレスト」も見逃してるんですよ。この辺りはもしかしたらfire TV Stickで大画面TVで観た方が見応えはあるかもしれませんが、複数端末で視聴可能なので、その時に合わせて使い分けられるのも魅力だと思います。

先日、ユニクロ&ルメールについての文章を書いた際に少し触れたサガンの代表作「悲しみよこんにちは」。当時の映画はファッションの勉強にもなります。

[1239-201605] UNIQLO AND LEMAIRE 2016SSで私が今回揃えたモノ14点を振り返ります。

2016.05.01

気負わず、あれもこれもと求めなければ、fireタブレットは気さくな友人です。

1242-201605_Amazon fire Tablet 8GB 03

価格とスペックだけで評価してしまいがちになるタブレットですが、それを考えたら未だにkindle paperwhiteが愛用されている理由が説明出来なくなります。なんでモノクロ、更に大したスペックもないあのpaperwhiteが一部では変わらず愛用されているのか。

スマホも新しいモデルが発売される度に、スペック表の数値比較をしては実際に使わずに評価をしてしまう方もいますが、勿体ない。むしろ自分との距離感で判断しても良いと思うのです。そうした部分はなかなか言葉に出来ないので伝えにくいのですが、自分が長く愛用しているものを眺めてみると意外と分かるかもしれません。

そうした点では、fireタブレットは適度な距離感で付き合えば、とても気さくな友人です。常に鞄の中に入れっぱなしで、いつでも本が読めるというのは大きい。Amazonに依存してしまう危険はありますが、この半年近く、つかず離れずの良い関係を続けている、お気に入りの一台です。

この保護フィルムでなくても良いので、反射防止の保護フィルムは必須です。

この価格のタブレットに・・とすぐに価格で判断しがちですが、使い勝手を考えると価格だけで判断して変に買い渋ると勿体ないと思うんです。特にfireタブレットはちょっとしたことで使い勝手が大きく変わるので。

[1160-201601] Amazon fireタブレット純正カバー到着。これは推奨ではなく必須アクセサリです。

2016.01.31
Amazon.co.jp: Kindle 雑誌99円均一セール: Kindleストア 1242-201605_Amazon Kindle Sale 01
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログの「靴のお手入れ」と「選び方」が一冊の電子書籍になりました。

2014年4月から当ブログにて公開してきた200以上の「靴のお手入れ」と「靴の選び方」に関する文章をベースに加筆・修正を行い(実際にはほとんど書き直しました)、この度電子書籍として出版しました。 Kindle端末がなくても、お使いのiPhoneやiPad、Androidスマートフォンでも読むことが可能です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

[1187-201603] サイト更新時にプッシュ通知でお知らせする「Push7」に対応しました。

2016.03.03

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。