[1289-201607] LIBERTY LONDON FOR UNIQLO プレミアムリネンプリントシャツ。自分には無い、あり得ないと思っている人にこそお薦めです。

スポンサーリンク

恐らくユニクロをこよなく愛する日本の男性の大半にとって「自分には無い(あり得ない)」と思って手を出さなかったのではないか、と無茶苦茶な偏見を持って見ておりました、LIBERTY LONDON FOR UNIQLO

1289-201607_LIBERTY-LONDON-for-UNIQLO-01

ただ、ここでいきなり誤解しないで頂きたいのは「自分には」無い、あり得ない、と思っている、ということです。自分が着ることはないけれど、似合う人もいるよね、という感覚。お洒落が好きか、もしくは全くの無関心でないとなかなか自分では手を出そうとは思いません、花柄

ちなみに私はそう思ってました。実際半袖はまだしも長袖はあっさりと1,290円まで急落、半袖はまだ売れているのかな、と思いきや先週末の限定特価(1,290円)にかかっていました。

そんな花柄シャツですが、私、長袖2着買っちゃいました。そしてここ最近気に入って着ています。少し前までの自分では考えられない展開です。そこで、そんな私に至った経緯について振り返ってみたいと思います。

MEN リバティロンドンプレミアムリネンプリントシャツ(長袖)

ユニクロ MEN リバティロンドンプレミアムリネンプリントシャツ(長袖) – UNIQLO ユニクロ

1288-201607_LIBERTY-LONDON-for-UNIQLO-01

写真が1枚なのは、もう1枚は本日手洗いして外に干して出かけたら先ほどの突然の豪雨にやられて未だ濡れているからです。こちらは追加で購入して届いたモノ。到着した日に撮りました。今それを着てこの文章書いています。

さて。LIBERTY LONDONです。何ぞや(歴史編・モノにまつわるストーリー編)、という話は今回ありませんので、それを期待された方はここから先は読まなくて大丈夫です。

売れているのはS以下のみ。完売なのは女性が買っているから。

最近の傾向でもあるようですが、ユニクロのメンズを女性が好んで愛用しているそうです。なので、今回のLIBERTY LONDONもS以下だけごっそり売り切れています。女性のLIBERTYは可愛いのですが、ちょっと可愛すぎて自分には合わない、という方もいるようで、妻もメンズのようなシャツだったら着たかったのになぁ、と言っておりました(サイズが合わなかった)

実際に商品ページのレビューを見ても大半が女性なところがこのシリーズの好まれている層が分かるかと思います。

さて。そんなLIBERTY LONDON。私、ガタガタと値段が落ちていく内に、欲しくなってしまったんです。せっかくここまで価格が下がっているのに試さないなんてもったいない、と。

これ、結構大切な感覚に触れました。これが伝えたかったから文章にしたとも言えます。もう一度書きます。試さないなんてもったいないんです。

UNIQLOの魅力は単なる安さや質だけでなく、なかなか試せないものを試すきっかけをくれること。

1288-201607_LIBERTY-LONDON-for-UNIQLO-02

LIBERTY LONDON、LIBERTY柄に特別な価値や感情を抱いている方にとっては、今回のユニクロでの販売は最近のしまむらと組んだハリス・ツイードに対してのツイード好きの感情と同じ切なさや悲しさ、寂しさや処理できない想いが様々によぎったと思います。もう少し相手選べよ、と。それ私。ブランドに対して勝手なイメージを押し付けているだけなのですが。

ただ、そうした感情は今も残ってはいますが、少しだけ印象が変わりました。なぜなら、今回私はUNIQLOを通して、LIBERTYって素敵だね、良いね、と思ったからです。恐らくメンズのリネンを用いたLIBERTYシャツはLIBERTYじゃない、と言われるでしょう。私もそれは分かっています。けれど、だからこそ、今まで興味のなかった本家LIBERTYや今まで愛されてきたLIBERTY柄も見てみたいな、と思いました。

それは何故か。UNIQLO、更にアッサリと1,290円まで落ちたことで、手に取り、実際に着てみようと思ったからです。3,990円でも私の中で花柄は抵抗がありました。けれど1,290円なら良いや、と。(実際には1着目は1,990円で買いましたが)。その代わり考えましたよ、これどう着よう、と。だって何も考えずに単に着たら、ナル男かチンピラのおっさんか(失礼)その辺のチャイニーズマフィアです。ごめんなさい、ちょっと偏見入っていますが、一番わかりやすい例だと思いましたので。実際うちの18年前に亡くなったじいちゃん、こういう花柄シャツ好きでしたし。

実際に着て、自分なりの組み合わせを一生懸命考えるというのはとても素敵なこと。

私のTwitterの個人アカウントを御覧頂いている方は、この春夏はさくらい伸さんとだいぶUNIQLO話に花が咲いたのをご存知かと思います。

その中で既に着た写真を上げておりますが、

1288-201607_LIBERTY-LONDON-for-UNIQLO-03

全身UNIQLOでございます。すべてこのブログでも取り上げたアイテムです。

[1274-201606] ユニクロ&ルメールの最後にさり気なく残ったこの魅力的なシャンブレーという素材。一緒に楽しめたら良いなぁ、と思う。

2016.06.15

[1239-201605] UNIQLO AND LEMAIRE 2016SSで私が今回揃えたモノ14点を振り返ります。

2016.05.01

サイズMでも結構着丈があるので、どう着ようか考えていたところ、さくらいさんからご提案頂いた組み合わせがちょうど手元に全てあったので、試してみたのが先ほどの写真です。

ここ数日は流石に35度前後と猛暑に近くなってきましたので、ジャケットは着ていませんが、その分色々な組み合わせを試しています。

私に合う合わない、など好みは分かれるかもしれませんが、意外といけるかも、と思われた方もいるのではないか、と願っております。なぜなら、

「あ、これならちょっと自分も試してみようかな。1,290円だし。」

という方が出てきて、それぞれが画像だけ見て、吊るされているのを見て食わず嫌いであれこれ評論だけするのではなく実際に着て、自分なりの組み合わせを一生懸命考えて、その結果「案外良いかも」「やっぱり私には合わなかったな」という経験が出来ることはとても素敵なことだと思うからです。

男性なんて特にそう。歳取ると余計に保守的になりますから。

女性はこうした選択肢が豊富なことが、ちょっと羨ましい。

今までなんでこんなに種類があるんだ、と思っていた女性ものですが、そう考えてみるとちょっと羨ましいな、と思えてきました。

UNIQLOでさえ、男性ものは選択肢が少ない。コラボ含めても大半は女性で、男性にはほとんど(女性ほど)ありません。もちろん男性の場合は普段着られるものは限られてきますし、市場自体が小さいのだとは思いますが、UNIQLOだからこそ、こうした提案がもっと出来ても良いのになぁ、と思うのです。(私は20年前にフェアトレード商品に興味を持った時から、なぜ彼女には服の選択肢があって、自分(メンズ)はほとんど商品がないんだ、と思っていました。)

日本人の国民服UNIQLOをきっかけにして、本家の魅力に興味を持つ。それだけでなく、お洒落って面白いな、と思うようになる。失敗しながら試してみる。これは今の世の中ではUNIQLOのような価格だからこそ出来ることです。

ファストファッションの是非は置いておいて、お洒落を楽しんでみませんか?

私も基本的にはなるべく服も多くは持たず、自分のスタイルにあったモノを、絞って、ユニフォームのように着たいと思っている人間です。靴も、モノも同じです。それは今も変わりません。

ただ、だからと言ってものの見方が狭くなってしまうのは悲しいことだな、と思っています。LIBERTYも素敵だね、あ、今度はBATIK MOTIF COLLECTIONなんてものが出たんだね。しかもメンズもある。嬉しいなぁ。など。

1289-201607_UNIQLO-BATIK-MOTIF-COLLECTION

ユニクロ|バティックモチーフコレクション|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

見つけた時から気になって在庫検索していたのですが、あまりに店舗が限られているために未だ実物を拝めていないコレクション。やはり男性物はこの規模でやるしかないのか。ということで、オンラインストアで買おうかと思っています。

さくらい伸さんも目をつけていたようで、早々と写真を上げられていて嬉しかったりします。

LIBERTY LONDON FOR UNIQLO、一部のファッション好きに限らず、折角なので積極的に楽しんでみてほしいなぁ、と思います。そして、買われた際にはぜひ写真をあげてほしいなぁ、と思います。同じく買おうかな、と迷われている方の背中を押すことになると思うので。今、若い人しか上げてないでしょ、着画。

顔出さなくても良いから、もっと楽しもうよ。革靴で円陣組んでブランド名だけ前面に押し出した写真だけじゃなくて。そりゃ、嬉しい気持ちはわかるけどさ。でも大抵エドグリ時々ウェストンなのは謎。

[1244-201605] 私たちが靴に興味を持ち始めた頃にやりがちなこと。そして昔私がジョンロブ(John Lobb)だった頃。

2016.05.04

ということで、ぜひ皆さんで楽しみたいな、と思っています。お待ちしています。

ユニクロ|LIBERTY LONDON FOR UNIQLO|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログの「靴のお手入れ」と「選び方」が一冊の電子書籍になりました。

2014年4月から当ブログにて公開してきた200以上の「靴のお手入れ」と「靴の選び方」に関する文章をベースに加筆・修正を行い(実際にはほとんど書き直しました)、この度電子書籍として出版しました。 Kindle端末がなくても、お使いのiPhoneやiPad、Androidスマートフォンでも読むことが可能です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

[1187-201603] サイト更新時にプッシュ通知でお知らせする「Push7」に対応しました。

2016.03.03

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。