[1310-201608] 「隣り合わせの灰と青春」「風よ。龍に届いているか」が対象な時点で私にとってKindle unlimitedは最高です。

スポンサーリンク

AmazonでKindle unlimitedが始まりました。最初の1ヶ月間はお試しで無料です。早速今日は多くのサイトでこの話題を取り上げています。

ここ最近Amazonプライムの毎月1冊無料の調子が悪く、何だろうな、と思っていたら、もしかしてこのためだったんでしょうか。

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア kindleunlimited

私の趣味全開のunlimited対象書籍をひとまずご紹介します。

ひとまず初月お試し無料とのことでしたので(恐らく継続しそうな気がしますが)試しに登録してみました。最大10冊まで同時に持つことが出来て(無制限ではなく、追加で読みたい時には手元から1冊削除する必要がある)図書館から借りているような感覚ですね。

結局ここで見つけて気に入った本や続きが気になるものは買ってしまうと思いますが、そのための第一歩として思わぬ本に出会えたりするので非常にありがたいです。

今回はそんな中からunlimited対象の私の趣味全開の書籍を幾つか挙げてみたいと思います。

星を継ぐもの (創元SF文庫) Kindle版

もうこのブログでは何度も暑く書いております、SF小説の名作中の名作。いや、実際こんな理想的な未来にはなってはおりませんし、科学万能でないことは21世紀の現代では分かってしまったのですが、それでも古さを感じさせない、惹きつけられる魅力があります。
名作というのは時代を超えて私たちの心を惹きつけるものなのですね。

[0413-201412] ジェイムズ・P・ホーガン「星を継ぐもの」がKindle版で発売されたので、大変に嬉しくて全米が泣いた。

2014.12.14

実際蘊蓄や長々とした説明を読むのにパワーが要りますので、別にそうした点に興味が無ければその部分をすっ飛ばして話の流れだけ楽しんでも充分に面白いと思います。

続編もありますが、こちらはunlimited対象ではありません。もしこの「星を継ぐもの」を読まれて興味を持たれたら、是非続編は買ってでも読んで欲しいなぁ、と思います。

面白いから。ほんと。

クリスマスのフロスト フロスト・シリーズ (創元推理文庫) Kindle版

フロストシリーズの第一弾。これも面白いよ、ホント。下品だけど。そして大した事件ではないはずなのだけれど、真面目でも何でも無いのだけれど、気がついたら最後には全て回収してめでたしめでたし。こんな警部で良いのか、という気もするけれど、けれど個人的には世界を揺るがす大事件なんていらんのです。田舎町のドタバタ劇が私は好きです。
浸りたいんですよ。どーでも良い日常のこんな空間に。

ということで、ミステリー部門の数々のベスト10に選ばれておりますこのフロストシリーズの第一弾。既に読まれた方も多いかと思いますが、案外私のようにたまたま知る方もいると思いますので、unlimited記念に挙げておきます。これもこの第一弾のみunlimited。

隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル) Kindle版

全米は知らないけれどとりあえず私が泣いた

私にとってTRPGの原点はD&Dですが、RPGの原点と言えばWizardryです。そしてベニー松山さんのこのシリーズは未だに実家に大切に保管されていて時々読み返す名作です。

私のWizardryのイメージのベースはこの世界観かもしれません。ワードナさんは悪者ではありません。素晴らしい人なんです。

長らく絶版と言うことで値段は高騰するわKindle版は出ないわで諦めていたのですが、知らないうちにKindle版が出たかと思ったら今回のunlimited対象です。

もうこれ読むためだけにとりあえずunlimited試してみるだけの価値はあると思います。これで元取るでしょ。

[0226-201406] テーブルトークRPGを覚えていますか?

2014.06.06

風よ。龍に届いているか (幻想迷宮ノベル) Kindle版

というのもですね、この続編「風よ。龍に届いているか。」までunlimited対象なんですよ。嬉しくて涙が出ます。万歳。でも買っちゃうんだろうな。これは手元に置いておきたいので。書籍版持ってるのに。

こちらはPC版の3、FC版の2がベースになっていますが、これまた素敵です。ゲーム小説と思って甘く見ちゃダメです。かなり浸れます。で、ちょっと怖い。こんな怖い奴らだったのか、だとしたらル・ケブレスだめぢゃん。凄いヤツだと思ってたのに。

ああ、久しぶりにウィザードリィに浸りたいなぁ。

「不死王」もさり気なく対象になっているところが震えます。

魔宮の勇者たち ドルアーガの塔 (幻想迷宮ゲームブック) Kindle版

「ドルアーガの塔」原作のゲームブック3部作の第2巻です。なぜ1巻ではなく2巻を取り上げるのか、というと、何故か当時私はこの2巻だけ持っていて、この巻から始めたからです。なぜ1巻から買わなかったのかは今もって分かりません。

これ、1巻。

既にどんな内容だったのか覚えていませんが、あまりに懐かしいので読み直してみようと思います。Kindleでゲームブックって果たして合うのだろうか。

ゲームブックというジャンル自体が懐かしいですね。今ではすっかり廃れてしまいましたが、地味にiOSやAndroid版で復刻していたりして、けれど個人的にはやはり紙のゲームブックが好きです。当時は色々遊んだなぁ。

一番の悩みは本代よりも読書のために時間を捻出出来るか、する気があるか。

1278-201606_Kindle Paperwhite 03

ということで、私の学生時代の趣味全開で既に元を取れてしまっているkindle unlimited。普通に真正面から探すとフランス書院が大量に出てきてめげますが、地味に探すと意外とこうした掘り出し物が出てきますので、とりあえず試してみる価値有りです。

これから少しずつ充実してくるのでしょうが、現時点ではとりあえず試してみて肌に合うかどうか、ですね。

一番の悩みって恐らく本代よりも読書のために時間を捻出出来るか、する気があるか、であって、読みたい人、読みたい時は無理矢理にでも隙間時間縫って読むものなんです。

実際は私もKindle書籍は積ん読状態になってしまっていますが、それでも思わぬ書籍が(欲しいけれどリストに入れたまま後回しにしていた)対象になっていたりして、ちょっと嬉しかったりします。

先日のプライムデーでKindle PaperwhiteやFireタブレットを購入された方も多いと思いますので、ここはとりあえずkindle unlimited、試してみて欲しいな、と思います。

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題ストア: Kindleストア

[1158-201601] Amazon fireタブレット 8GB。これは廉価版Androidタブレットではなく、プライム会員限定Amazon専用端末。

2016.01.28

で、私の今回挙げた書籍を見て、「どうも私と趣味が合いそうだ」という方は、このほかにお薦めの書籍があったら是非教えて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログの「靴のお手入れ」と「選び方」が一冊の電子書籍になりました。

2014年4月から当ブログにて公開してきた200以上の「靴のお手入れ」と「靴の選び方」に関する文章をベースに加筆・修正を行い(実際にはほとんど書き直しました)、この度電子書籍として出版しました。 Kindle端末がなくても、お使いのiPhoneやiPad、Androidスマートフォンでも読むことが可能です。

このブログによく訪れてくださるあなたへ。

新しい記事があるか、毎回見に来るのは面倒ではありませんか? このブログでは、更新時にあなたのスマホなどにプッシュ通知でお知らせする「Push7」というサービスを導入しています。

[1187-201603] サイト更新時にプッシュ通知でお知らせする「Push7」に対応しました。

2016.03.03

登録、解除はいつでも可能です。特に何か会員登録や個人情報等の入力は必要ありません。新しい記事が更新された際にお知らせ致します。 ぜひご活用下さい。