[1311-201608] dヘルスケアパックが思った以上に使えるのでdocomoな人にはオススメです。

スポンサーリンク

私、今まで18年以上SoftBankひとすじでしたし、そもそもキャリアが提供するヘルスケア系のサービスはどこか無駄に必要ないもの組み合わせて月額オプション料金を加算させようと思わせているような気がしていましたので完全にスルーしておりました。実際ある程度自分でこの辺り管理できる方は個別に自分の気に入ったアプリやリストバンド、体重計諸々を揃えてしまった方が満足感は高いと思います。

ただ、偉そうに書いておきながら私8年前に結婚してからは意識して身体を動かした覚えがありません(登山は別)。それまでは2日~3日に一度は夜15㎞近くは走ったり、ボクシングジムに通ったり、プロテイン常用してたりと、痩せてるなりに意識はしていたんです。それが結婚後は何となく夜外に出たくなくて、それを言い訳にして気がつけば身体を動かすことから離れてしまっていました。

先日「活動量計リストバンド(フィットネストラッカーリストバンド)」について改めて触れましたが、ここ最近1日の歩数や睡眠の質などについては意識するようにはしてきました。

その流れと、最近のポケモンGoで折角街歩きするのであれば、折角なら合わせて歩数でポイントが貯まるようなサービスも組み合わせようかなぁ、程度の軽い気持ちがきっかけです。ところが思ったよりも使えまして、更に再びランニングを始めてしまいましたので、ちょっとこの辺りでご報告してみたいと思います。

ドコモ・ヘルスケア株式会社の「歩いておトク」とdocomoの「dヘルスケアパック」

先ほども挙げましたが、元々はポケモンGoやるなら折角歩数も稼げるから、便乗して何かポイントが貯まるアプリでも入れようかな、と思ったのがきっかけです。その中で見かけたのが最近ちょっとdocomoのSIMを使う機会がありましてdポイントも貯まるので、それに合わせての「歩いておトク」です。

歩いておトク | アプリ | ドコモ・ヘルスケア

docomo-healthcare-09

歩くだけでdポイントが貯まる ドコモ「歩いておトク」3か月目──月300円の元は取れたか:週刊モバイル通信 石野純也 – Engadget Japanese

歩くだけでdポイントが貯まる、ドコモ「歩いておトク」は本当にお得?8日間使い続けた感想 (週刊モバイル通信 石野純也) – Engadget Japanese

単体でこのアプリだけ使うのであれば月額300円(税別)。で、そのつもりでいたのですが、どこから申し込めば良いのかいまいち分からないまま適当に登録したら誤って「dヘルスケアパック」(月額500円(税別))を申し込んでいた、というだけの話です。

上の記事で何で300円って書いてあるのかなぁ、これって何かキャンペーンでもしていたのか、などと考えていた私はとてもインターネッツに強いとは思えません

「歩いておトク」単体で300円(税別)は、歩くきっかけになるなら悪くはない。

docomo-healthcare-02

「歩いておトク」自体はそれなりに悪くはないです。300円だとしたら恐らくその分くらいは一ヶ月でdポイントで貯まるでしょう。dポイント300ポイントよりも300円現金のほうが便利なのは気にしないで下さい。

docomo-healthcare-03

とりあえず半月でこの程度ポイントは貯まってくれましたので、多少月によって変動はあっても、とりあえず元は取れるかな、と。元々はポイントよりもそれをきっかけにして歩く時間や歩数が増えることが目的ですから。

ちなみに、私合わせて「Renobody」というアプリ(サービス)も使っているのですが、これなんて凄いですよ。

1日8000歩歩いた日には何と3WAON POINTが貰えるんです。
(但し今だけ。通常は1 WAON POINT)

何か無駄にお店で会員登録やポイントカード作った割に大して還元率もポイント率も良くもない、使い道のないカードが財布の中に溜まってしまったような気分です。

災いじゃないけど転じて福となったかもしれない。

で、本題の「dヘルスケアパック」です。月額500円(税抜)。

これ、何が違うかというと、先ほどの「歩いておトク」以外にも結構幅広いアプリが利用可能になります。例えばランニングされる方ならお馴染みのアプリ(サービス)の一つでもある「Runtastic」が「d ACCOUNTと紐付け」されて「Runtastic for docomo」としてPremiumアカウント扱いになります。

docomo-healthcare-07

Runtastic自体、結婚後はほとんど使っていなかったのですが、結構この類のアプリは月額料金が意外とかさむので、ひとまずPremium扱いになるのはありがたい限りです。

Premium メンバーシップ- Runtastic

runtastic-premium-01 runtastic-premium-02

折角Premiumアカウントになったのであれば、使わないと勿体ない気がしてしまったんです。それで、昨日夕方に暑さが収まった時間帯を見計らってちょっと走ってきてしまいました。スマホ用のアームバンドなどを以前提供頂いてレビューをしたことがありましたが、こんな所で再び役に立つとは思ってもいませんでした。

今まで大量にワイヤレスBluetoothイヤホンを提供頂いておきながら、恐らく最も想定していたと思われるランニングなどのアクティビティ時の使い勝手がほとんど試せなかったのが自分でも心残りだったのですが、これでこれからは思う存分に試せます。

ちなみに最近提供頂いた商品のレビューに関しては、当Life Style Imageではなく、おふぃすかぶ.jpにて行っております。興味のある方はこちらも合わせてご参照下さいませ。

officekabu-logo

走るだけじゃない。腹筋・スクワット・腕立て伏せ等々、様々なワークアウトも充実。

今回ありがたいな、と思ったのは、同じRuntasticのアプリなのですが、腹筋やスクワットなど個別のトレーニングメニューからトータルフィットネスメニューまで、様々な関連アプリが利用可能だという点です。

例えばこちらは無料のアプリではありますが、腹筋を割るワークアウトをトータルで組んでくれるアプリ。「Runtastic Sic Pack」

docomo-healthcare-05

腹筋トレーニングアプリと、腹筋を頑張りすぎると腰痛になりやすいという話 | 捗りあん

私もフローリングの床でやると結構厳しいメニューが多いのと、更に腰が厳しいので「クランチ」「プランク」を積極的に取り入れていこうと思っているのですが、結構しっかりした(手強い)プログラムを組んでくれます。

また、腹筋も個別で気軽に取り組める「Runtastic Sit Ups」や

結構ここ数日気に入って使っている(手軽に出来るので)スクワット用のアプリ「Runtastic Squats」などはこの「dヘルスケアパック」でもなければ知りもしませんでした。これらは全て自分のRuntasticアカウントに紐付けされます。

Runtastic Squats ~スクワット回数自動計測が便利なiPhoneアプリでスクワット開始! | 捗りあん

docomo-healthcare-06

Runtasticアカウントでトータルで記録でき、UPなど他社サービスとも勿論連携出来る。

docomo-healthcare-01

全て挙げていくとキリがないのでこの辺りにしておきますが、勿論私が今まで使ってきた(きている)UPやWithings、Fitbitなどの他社サービスのアカウントとも連携が出来るので、これらのワークアウト結果を共有することも可能です。iOSのヘルスケアとも勿論連携可能です。

連携が出来ないと、使い勝手が悪くなったり気分を変えたいときに気軽に他に移れないので、かなり大切な要素です。(その方がユーザーが離れない、かといえば、そもそもそうした使い勝手の悪いサービスは初めから意識的に避けるので、かなり影響はあると思います。)

「dヘルスケアパック」から始まったRuntasticで、心拍数計も気になり始めました。

まだ使い始めではありますが、やはりこうしてアプリやサービスで常に自分の状態を意識出来る、というのは継続の大きな要因になりますし、また効果も表れやすいそうです。

そして、今回のこの「dヘルスケアパック」から始まったRutasticの併用で、久しぶりに「心拍数計」が欲しくなりました。

現在常用中のUP3は安静時の心拍数のみ計測して、更にそれらはiOSのヘルスケア等には記録されないのです。ワークアウト時の心拍数も含めて常時計測していたい、と思い始めると、それなりの他のフィットネストラッカーリストバンドなどが必要になってきます。

Apple Watchでも良いんですけどね。

そんな中で気になり始めているのが、既に愛用されている方も多いと思われるFitbitのcharge HRです。

ちょっと現状1万円台後半は厳しいなぁ、と思っていたら、米Amazonでは発送可能な上にしっかり安いではないですか。

流石フィットネス大国。商品の種類も多いし、この辺りは数日で届きます。ちょっと最近は米Amazonの併用が非常に便利になってきたので、まだ米Amazonのアカウントを持たれていない方はそろそろ持っておいて損はないと思います。

自分の状態を意識するというのは何も特別なツールが必要な訳ではなく、今であればスマートフォン一台でもかなりのことが出来るようになりました。それらをきっかけにして少し自分の毎日の体調や状態を意識するようになるだけで、身体の状態というのはかなり変わってきます。それが継続するきっかけにも繋がり、よい身体の状態がよい精神状態にも繋がるのであれば、とても嬉しいことだな、と思っています。

気負いすぎず、楽しみながら続けてみたいと思います。

ドコモ・ヘルスケア株式会社

歩いておトク | アプリ | ドコモ・ヘルスケア

スポンサーリンク
スポンサーリンク