[0333-201409] 「成功している男の服選びの秘訣40」のベースは、靴選びにも通ずると思う。

スポンサーリンク

時々読み返すことのある、松屋銀座紳士服バイヤーの宮崎俊一さんのこちらの本。「9割の人が間違った買い物をしている 成功している男の服選びの秘訣40」(講談社)。今日改めて読みながら、自分が靴を販売していた時のことを思い出していました。この本に出てくることって、靴にも当てはまると思うのです。

靴選びを見ていて思うこと。

皆さんは意外に自覚がないようですが、「ファッションにあまり予算はかけられない」とおっしゃる割に、私から見ると、結構、無駄遣いをされています。

靴に興味がない、どーでもいい、と言っている人ほど、使い回しの効きにくい靴だけ何足も持っている。そして1足履き潰したらまた1足買って履き潰す、という勿体ないことをしています。

高級紳士靴売り場は別としても、一般的な革靴売り場で買う大半の人は、「靴に興味はない」人がほとんどです。勿論「どーでもいい」人から、「ファッションには興味はある」と言う人まで様々ですが、こと革靴選びに関しては「何となく」の見た目の好みで選んでいる人が多いな、と感じます。

紳士靴のデザインには、それぞれ出自というか、意味があります。「何となく変だなぁ」と感じる時、それはそのデザインがスーツの素材感であったり、スーツのデザインと合っていないから、ということが多いです。

男性の中には、「夏物と冬物の区別もつかない」方が、案外大勢いらっしゃるようです。その方々に、いきなり素材感の話をしても難しいとは思いますが、素材感は経験で少しずつ身につくもの。そして素材感の違いを理解してコーディネイトできるようになると、印象が驚くほど垢抜けます。

以前「靴屋だった」シリーズを幾つか書きましたが、その中で比較的手頃な価格の(あまり革靴に興味がない人が買う価格帯の)革靴に「スワールトゥ」が多いことから、こんなことを書きました。

靴屋だった私が人気のスワールトゥをビジネスに薦めない理由。

私は「スワールトゥ」が嫌いな訳ではありません。スワールトゥは、靴にあまり興味のない方が「何となく格好いい」「何となく若者っぽい」といった「何となく」で最も選びやすいデザインだと思っています。それくらい分かりやすいデザインの一つ。そもそもスワールトゥはファッションシューズとも言われる、ビジネス向けというよりも、むしろファッションで履く靴の一種です。分かっていて履けばこれほど効果的で、使える靴はないのですが、興味のない人が適当に選ぶととても見ていて楽しいコーディネートになります。

また、見映えの関係で、余程ドレスコードに厳しい仕事で無い限り、特にクールビズの季節になると茶靴を選ぶ人が増えてきます。でも、既に持っている革靴の足数や種類を実際聞いてみると1~2足で廻していたり、あまり考えずにデザインを選んでいることが多いです。

街を歩いていると、何故その服装、その組み合わせでその明るい茶のトンガリ靴を選ぶ?という方も結構目にします。