[0418-201412] そろそろ加湿器の必要性を痛切に感じ始めまして。候補は通販生活のボネコとパナソニックのFE-KFK05まで絞りました。

スポンサーリンク

加湿器、使っていないんです。今までそれ程必要性を感じてこなかったのです。
前回も少し触れましたが、前に住んでいた部屋の頃から、どちらかというと湿気を如何に取るかのほうに意識を向けていましたので、折角取り除いたのにまた加えるなんて、と思っていました。

実際は加湿と除湿は別物なんですけどね。分かってはいるんですが。

今の部屋に引っ越してきてから、風呂場を除いて結構乾燥気味。特に夫婦の部屋は日当たり良すぎて夏場は死にそうです。あ、カーテンも通販生活だ。今思い出しました。

[0417-201412] 気がつけば身の回りの物は大分通販生活でお世話になっているので、愛用品の使い勝手をまとめてみた。

私の風邪は喉から。

薄々感じてはいたんですが、気にはしていなかったんです。私の風邪は喉からきます。喉がちょっとピリっとすると、風邪の引き始め。
わが家ではそれ程感じていなかったのですが、外に出るとどこもかしこも暖房ガンガンで喉が辛くなる経験が最近増えました。
みんな、暖房温度上げすぎ。それで入り口のドア全開とか、それサービス業以前に企業としてどうなんでしょう。

ただ、わが家もこの冬は寒さをようやく感じるようになりました。日中晴れた日は、それでも暑いんですけどね。時々冷房入れます。日射しが強い。カーテン油断してし忘れるともう・・。

妻も最近喉や鼻を気にし始めているので、そろそろ流石に加湿器が欲しいな、と思い始めました。

加湿器欲しい、で適当に買えない私。

それで、前回の通販生活に話が続く(繋がる)のです。加湿器にしろ何にしろ、同じお金出してわが家に来るのであれば、いい加減な買い方をしたくない、と思ってしまう。
気がついたら買わないまま月日が経ってしまう。さっさと買えばもっと快適生活だったのに。そんな覚えは大なり小なり皆さんお持ちだと思うのです。

[0393-201412] ベストを求めて動かないよりは現状よりベターを選択する。単にダスキンの話です。

そこで、ひとまずネットサーフィンです。となる前に、手元にあった通販生活を開いてみました。

slooProImg_20141216163250.jpg

通販生活はボネコの気化式を25年前から提唱。

加湿器は断然気化式がいい・・25年前から提唱してきた本誌の主張は今、すっかり定着した。

通販生活® | ボネコ気化式加湿機 - 湿気対策 | 通販生活:カタログハウス

確か昨年度の通販生活の第17位は超音波式ボネコ(入選歴9年)だった気がするのですが、まぁこちらは寝室用加湿器なので、寝室用は超音波式ということでしょう。

Amazonでボネコの気化式だとこれになりますね。最大35畳は確かに便利ですが、値段的にパス。

折角なのでネットでも調べてみる。

まずは定番価格.com。加湿器比較はこちら
加湿器、コンパクトな物であれば結構手頃な価格であるのですね。

デザイン性に優れたものも嫌いではないのですが、こと家電に関しては私はスペック重視です。もしくは気分的なスペックに関する満足感。
気分的な、というのは分かりにくいですが、例え最高でなかったとしても、何となくそれを使っていると効きそうな気がする、というもの。
それが前述の通販生活のような、理屈で納得させられちゃうパターン。

ということで、どうも低価格はそれなりな気がして、ある程度を考えてしまうんです。加湿器は今自分でライン決めました。1~2万円。
お、それだけで絞り込んでもまだ168製品あります。では部屋で絞り込みます。メインで使いたい部屋は約10畳。ということで、「8畳~」。
うーん、これで108製品。まだまだ絞ります。実はまだ加湿方式を決めていませんでした。

加湿器の選び方・4つのポイント [加湿器] All About

気化式で絞り込む。

わが家の場合、家にいるときは長時間使うことを前提にしているので、それを考えると、どうやら「ハイブリッド式」か「ヒーターレス式(気化式)」のよう。
小さい子どもはまだいないけれど、ちょっとそろそろ来てくれるといいなぁ、と夫婦で考えているので、それも考慮。
というか、既にこの2択になった時点で既に「気化式」に傾いていました。通販生活のも気化式だしね。決定。お、21件。

で、見ていこうとしていると、先ほどからやけに価格.comの加湿器のページの上のバナーがちらちら目に入ってくるんです。「dyson hygienic mist」。



部屋を均一に潤す、衛生的な加湿器。って、誘っているのか。でもさっきちらっと見たら高かった気がするのですが。これ。

うわ、在庫無しだ。それ以前に値段が\63,504(税込)って、どんな加湿器だ。気になるけれど調べるときっと欲しくなるから見なかったことにする。

パナソニックのFE-KXK05もしくはKFK05辺り。

ここまで絞ると、あとそれ程残ってないんです。最初に飛び込んできたのがパナソニックで、私たち夫婦は10年以上前からLet’s note愛用組なので、色々あっても問題なし。

気化式加湿機 FE-KFK05 | Panasonic Store
FE-KFK05 | 加湿機 | Panasonic
価格.com – パナソニック FE-KFK05-C [ベージュ] 価格比較

気化式加湿機 FE-KXK05 | Panasonic Store
FE-KXK05 | 加湿機 | Panasonic
価格.com – パナソニック FE-KXK05 価格比較

ナノイーがプラスされた感じですか。動作音は同じくらい。電気代はKFK05のほうが安い。価格は最安で3000円くらい高いくらいです。シンプルに行くなら値段も含めてFE-KFK05かな。

現時点では通販生活のボネコ気化式加湿機もしくはパナソニック FE-KFK05の二択。

で考えています。あまり選択肢を広げても益々悩んで決まらなくなりそうなので、下手な情報を入れないように、この二つのどちらかで。このブログが備忘録代わりです。

年内には買いたいな。流石にこれは体調にも関わることだし。妻と相談してみよう。
ということで、ここから先は両方の評価(のみ。他の加湿器の評価はなるべく見ない。)をネットで色々漁りながら、どちらがより心が動くかで決めたいと思います。

追記:2014年12月23日 2:20 更新

妻にも両方のページを見せて相談したところ、取り扱いが楽そう(といっても家での管理はほぼ私なのですが)ということで、ほぼ通販生活のボネコ気化式加湿器に決まりそうです。

そこで、もう少し情報がないかと探してみたところ、どうやら以前デロンギから出ていた、こちらのモデル「E2441-W」というものが同じ物のよう。最近取り扱いがなくなったのは、通販生活が独占販売になったのか、何かしら理由があるのか。

通販生活のボネコ加湿器の評価一覧も「まぁまぁ」が多く、使い勝手を読んでみると何となく分かる気がして悩ましいところですが、反面日本のメーカーにない大雑把さが少し気になって(気に入って)しまいました。

今日もう一日考えて、そのまま決まれば通販生活に注文してしまっても良いかな、と考えています。今なら年内に届きそうなので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク