[0428-201412] 11月3日の府中刑務所文化祭でハンドソーン製法の千葉刑務所謹製靴をオーダーする。

スポンサーリンク

少し前の話になりますが、今年も府中刑務所の文化祭に行ってきました。

今年から「プリズンアドベンチャーツアー(バスでの所内見学ツアー)」が人数制限無しになったことで、毎年間に合わず参加出来なかった妻は喜んで参加してきました。
(その代わり今年はバスツアーではなく、ウォークラリーだったようです。)

一部で超人気!もの凄く気になる「府中刑務所文化祭」へ行ってみたい!【文化の日に開催】 – NAVER まとめ

0428-201412_1103fuchu01

そんな中、私のもう一つの大きな目的が、千葉刑務所で作られているハンドソーン製法によるオーダー紳士靴をオーダーしてくること。
昨年はあまり時間がなかったので、オーダー出来ず、じゃあ直接千葉刑務所に行ってこようと思いながら1年が過ぎてしまっていました。

施設のご案内(千葉刑務所)

初犯で刑期の長い受刑者を収容していることから,高度な技術習得が可能であり,その特性を生かし,神輿,桐タンス,一枚板を使用したテーブル,及び,高級紳士靴等を生産しており,作業を通した被収容者の改善更正を図っている。

0428-201412_1103fuchu04

千葉刑務所紳士靴ラインナップ(PDF)

規格品は48000円、仮靴付は70000円

0428-201412_1103fuchu05

千葉刑務所の紳士靴は一部の靴好きではだいぶ前から話題にはなっていました。ハンドソーン製法で(若干乗せ甲などには対応の)規格品で48000円というのは破格です。
フルオーダーでも70000円。ただ、フルオーダーになると、経験がものを言う世界でもあり、どうしても場数が少なくなる(大抵規格品を注文するので)関係上、まだまだ作りが甘い、という話もありました。

ZOZOPEOPLE | ANGLER – 千葉刑務所のオーダーメイド紳士靴

0428-201412_1103fuchu02

ちなみに2013年のPDFも残っていたので見てみたところ、1年前は規格品で39900円、フルオーダーで63000円。ここ最近の皮革の高騰で1~2割上がったようです。

革はデュプイ、アノネイ、イルチア等

一度倒産して復活したイタリアのイルチア社の革もあるんです。今年のものは新イルチアなのかな。それぞれ仕入れて日本で染めるそうなので、黒だとグレーっぽくなってしまうため、と黒に関してはアノネイを薦められました。

総括して素材一流、造り並、といったところでした。
時間を作って足を運んだということもあったので、規格品を一足オーダー。
アッパーはデュプイの上級アニリンをセレクト。
せっかく良い革を使っているので革の良さを前面に出すためにホールカットで。

「随分安いんですね」と話したところ、「ウチは人件費ロハですからね笑」と仰っていました笑
そりゃそうだ笑
あまりに安く提供するので一部大手の靴メーカーから民業圧迫だと苦情が入ったこともあるとか。

ZOZOPEOPLE | ANGLER – 千葉刑務所のオーダーメイド紳士靴

0428-201412_1103fuchu03

良い靴だと思います。

私がブースに伺った時には、ちょうどお一人注文されていました。注文を待つ間、興味深かったので写真を撮らせて頂いたのが、今回載せているものですが、綺麗です。良い靴だと思います。

0428-201412_1103fuchu08

これだけの靴を作れるようになった受刑者が、社会復帰されてからどういう道に進まれるのか、それは非常に興味がありましたが、そこまでは今回は伺えず。

その後私の足を簡単に採寸しましたが、選んだサイズが普段より1cmくらい下、24.5cmだったのは、全体的な長さに比べ、足回りが若干ゆったり気味だったため。

0428-201412_1103fuchu11

デザインはシンプルにお願いしました。親子穴だけ付けて頂き、パンチドキャップトゥで。色は黒、アノネイ。11月3日に注文して、出来上がりは2~3月だと言われました。

完成時には発送前にお電話を頂けるそうですが。

ネットで色々見てみると、千葉刑務所から電話がかかってくるので、自分が家にいない時間帯で家族が出たりすると一瞬驚かれる(心配される)そうです。

私も「電話しても大丈夫な番号ですか?」と訊かれました。ちなみに後日払込用紙が送られてくるのですが、千葉刑務所とは書かれていないものの、払込先が「公益財団法人矯正協会 刑務作業協力事業部」なので、封書を見て一瞬ドキッとします。

0428-201412_1103fuchu09

靴を通して刑務所について考える。文化祭でもなければなかなか行くことのない府中刑務所でしたが、靴を通して千葉刑務所に繋がり、そこから色々と考える機会を得ました。

0428-201412_1103fuchu10

妻と帰り道も、近々千葉刑務所にも行ってみよう、という話をしましたが、彼女には「靴でしょ(笑)」と言われてしまいました。その通りです。
ただ、靴だけで無く、単純に刑務所と、こうした刑務所製品に興味を持った、というのも正直な気持ちです。

靴は届きましたら、またこちらでもご報告します。

追記:2015年 第40回府中刑務所文化祭について。

2015年も例年同様11月3日に開催されます。今年も千葉刑務所謹製靴は出展されるようですが、新聞等で取り上げられた影響で注文が殺到し、現在出来上がりまで約1年待ちとなっています。(2015年10月中旬の時点で入金された方でもご案内が2016年8月以降)。

[1047-201510] 第40回府中刑務所文化祭は今年も11月3日。謹製靴をオーダーする方に気をつけておいてほしいこと。 | Life Style Image

その辺りについて、改めて記事にしましたので、興味をお持ちの方は合わせて御覧ください。

追記:千葉刑務所謹製靴が届きましたので、記事を公開しました。

オーダーしていた千葉刑務所謹製靴が届きましたので、早速記事を公開しました。

[1178-201602] 千葉刑務所謹製 ハンドソーン・ウェルテッド製法 紳士靴。その先に勝手にこの靴を作られた受刑者の姿を感じる。自己満足だとは分かりながら。 | Life Style Image
1178-201602_Chiba Hand Sewn Welted 01
スポンサーリンク
スポンサーリンク