[0445-201412] 書類や資料をスキャンして廃棄することは、執着を捨てる一歩なのかな、と感じた週末。

スポンサーリンク

昨日は妻も仕事が休みでしたので、二人で昼過ぎから部屋の片づけを始めました。といっても、昨日はほぼ妻の参加した勉強会や大学院の頃の紙資料をひたすら裁断して、スキャンして、廃棄する作業でしたが。

我が家で使っているのは、少し前の人気モデルだったS1500です。これでScanSnapと自炊という言葉を知った方も多いのでは。昨日はフル稼働、頑張ってくれました。

何年も放置され、増え続けていた書類

とにかく勉強会や講演会にたくさん出る妻は、紙の資料が多いんです。また、とにかく持って帰ってくる。これでもここ数年でかなり整理はしたのですが、特に大学院の時のレジュメや資料は、捨てられないんです。

また使うから。

それが口癖なのですが、正直床はルンバが身動きとれなくなりそうな状態(持っていませんが、買っても我が家では活躍は無理)。

別に残しておく分には構わないのですが、収まりきらなくなった書類が床に積み上げられ、埃が積もり、掃除も中途半端にしか出来ない状態はどうなんだろう、と思っていたのです。夫婦とも。