[生活] 私たち夫婦が日々愛用している三菱東京UFJ-デビット。従来のVISAデビットに加え、今回新たにJCBデビットが登場。

スポンサーリンク

以前から折に触れて取り上げているのが、「デビット」(会社によって「デビットカード」など多少名称に違いあり)です。私の場合、この歳になっても好奇心や興味による無計画な衝動買いの恐れが多く、未だに「ひとまずクレカで」と頼った挙げ句、翌々月の請求が近づくにつれて気分が沈む、ということを繰り返しがちです(請求が確定するまでは忘れてしまうのもクレカの怖いところ)。いい加減いい大人なんだから計画的に自分の生活設計考えろよ、と思うのですが、なかなか難しいものですね。要は典型的なダメな大人の例です。

ただ、最近はそれもある程度コントロール出来るようになってきまして、その大きなきっかけの一つでもあったのが、以前は非常に取扱銀行が少なかったものの、最近では多くの各銀行が発行するようになった「デビット」です。「VISAデビット」や「JCBデビット」など呼び方、そして表記の違いは多々ありますが、一度使い始めると生活において非常に便利なカードであることに変わりはありません。

私の所有するデビット(デビットカード)

私の所有するデビット(デビットカード)の一部です。
以前は非常に限られた銀行でのみ発行されていましたが、最近はかなりメジャーになってきた感があります。

過去何度も触れてきた中で、私は「自分のメインバンクのデビットを選べば良いと思うよ。」と書いてきました。わざわざ「デビットのためだけ」に普段使っていない銀行の口座を開設してまで手に入れるほどの大きな違いはないと思っていたからです。ただ、最近米AmazonやB&H Photoなど海外のオンラインショップを利用するようになって、各行各社にも意外と違いがあることに気がつきました。

各行各社のデビットを使ってきた中で、個人的に最も使い勝手が良いな、と感じているのが「三菱東京UFJ-デビット」です。今回はその理由を挙げつつ、今回同行が新たに登場する「三菱東京UFJ-JCBデビット」について書いてみたいと思います。

*カード会社や銀行によって「デビットカード」「デビット」と表記にバラツキがありますが、文中では以後「デビット」「VISAデビット」「JCBデビット」で統一します。

クレカで良いじゃん。デビットの何が良いの?と感じているあなたへ。

私の所有するデビット(デビットカード)

クレジットカードとデビット(デビットカード)の違いは何でしょうか。
ここではそれぞれの特徴について書いてみたいと思います。

クレカで良いと思います。特に不便を感じていなければ。そして、今しっかりと計画的にクレカを使えているのであれば。ただ、ネット上を眺めていると、たくさんの「来月の請求○○円で凹む。」「来月6桁で震える。」と言った言葉を目にします。なぜ凹んだり震えたりするのでしょうか。本来であれば気持ち良く買い物をしたわけですから、凹んだり震えたりするはずはないと思うのです。

もちろん「無計画に限度額近くまで買いすぎて」とか「ボーナスを当てにして」といった理由も多いでしょう。いつも限度額ギリギリで自転車操業している方も結構いるようです。

ただ、多くは購入時の興奮と支払のタイミングが大きくズレることから生じると思っています。

本来は買い物というのは楽しいものであるはずです。自分が欲しいものに出逢い、気持ち良くお金を払う。ところが、クレジットカードは請求が1ヶ月~2ヶ月後に来ます。忘れた頃にまとめてやってくるので、何となく「お金を盗られた」気になってしまうのですね。また、購入時に「お金が減る感覚が薄くなる」ため、「本当に自分にとって必要な物なのか」を深く考えずに買ってしまいがち、というのもあります。

とりあえず手元にお金がなくても、「来月、再来月に本来であれば別の用途に充てるはずだったお金を前もって押えてしまう」ことになります。だから引き落とし日が近くなると気が沈む。凹む。震える。あの時は「何とかなると思った」のに。「何とかなるけど、一気にこれだけ出ていくのは辛い。」そこで一部の方は日本人が得意とするあの手段を使います。「あとからリボ」。

この文章を読まれているあなたは私と違って、そうした悩みはないかもしれません。クレジットカードで衝動買い、未来を担保に目の前の刺激に飛びつく、というのは「私のような」ダメな大人と、「昔の私のような」マネーリテラシーも身についてないのに突然大きな買い物を出来る力を持ったと勘違いした若者だけの問題かもしれません。

私の所有するデビット(デビットカード)

「クレジットカードのほうが便利だから」という単純な理由でデビットをまだ使われていないのであれば、是非1度試してみてほしい魅力があると思っています。

ではデビットは違うのか。ここに大きな違いがあるんです。何故なら「使ったその場で銀行の口座から引き落とされる」からです。基本即時決済(一部承認のタイミングで数日ズレが生じることもあります)です。イメージとしては、クレジットカード同様、常に現金を持ち歩く必要はありません。最近海外では多くなってきた「キャッシュレス」に近い形です。そして、それぞれの違いは、

  • クレジットカードは未来の自分を担保に買い物をする
  • デビットは現在の自分の資産の範囲内で買い物をする

ということです。未来の自分の資産を前借りして買い物をするか、手持ちのお金の範囲内で買い物をするか、という話ですね。それならデビットでなくても現金持ち歩けばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、デビットも持つことで「カード払いのみ」のお店でも買い物が出来ます。もちろんAmazonなどのオンラインショップの多くでも対応しています。また常に大金を持ち歩く必要もありません。またキャッシュレスで買い物が出来る、という点もクレジットカード同様に魅力です。

これが何が良いかというと、

  • 買い物をする時点で口座にお金がなければ使えない。
  • 即座に口座の残高が減るので、現金同様に「買う」という感情をリアルに感じやすい。

ということかな、と思っています。使うためには常に口座にお金がないような無計画な生活は出来ませんし、買う際には「これを本当に買う必要があるのか」ということを強く意識出来るようになります。

*ただし、デビットによってはネットショッピングや月払いの公共料金など一部の支払いに使えない場合があります。

何故多くの銀行が出している中で、この三菱東京UFJ-デビットが良いと感じているのか。

私の愛用する三菱東京UFJ-VISAデビット

わが家では私個人の口座用と、夫婦で共有している生活用の口座用の2枚を愛用しています。

理由は大きく3つあります。

  • 決済口座となる三菱東京UFJ銀行のATMの利用手数料が一部の時間帯を除いて平日休日問わず無料だから。
  • 「最低利用可能金額」の設定がなく、「少額事前オーソリ(承認)」があるお店でも問題がないから(後述します)。
  • 月額払いでも他行のカードに比べて比較的緩やかで汎用性が高いから(あくまで経験上)。

以下、簡単に触れてみたいと思います。

決済口座となる三菱東京UFJ銀行のATMの利用手数料が一部の時間帯を除いて平日休日問わず無料だから。

まずはこちらをご覧いただきたいのですが、

平日8:45~18:00 平日18:00〜21:00 平日その他の時間帯 休日8:45~21:00 平日その他の時間帯
0円 0円 108円 0円 108円

ここでは「お引き出し」「お預け入れ」で見てみると、要は平日休日問わず「8:45~21:00」の間であれば三菱東京UFJ銀行のATM手数料が0円なのです。
(2017年11月20日現在。今後変わる可能性はあります。)

これはメインバンクとしても便利ですが、それ以上に基本「即時決済」のデビットにおいては、気軽にキャッシュの出し入れが出来る、というのは大きなメリットになります。なぜなら、私、ネットバンクが発行しているデビットも持っているのですが、メインバンクではなかったため、必要最低限しかお金を入れてないことが多いのです。時々買い物をしようとして残高不足になり、当然決済エラーが出ます。その時にはお金を入れなければならないのですが、他行やネットバンクだと時間帯によって「ATM手数料が250円近くかかる」といったことがよく発生します。メインバンクであれば(優遇等もあるでしょうし)良いのですが、これを普段からデビットも多用する口座として使うのであれば、かなり不便です。

三菱東京UFJ-デビット バナー

「最低利用可能金額」の設定がなく、「少額事前オーソリ(承認)」があるお店でも問題がないから。

「少額事前オーソリ(承認)」、正式な名称ではないかもしれませんが、クレジットカードで買い物をする場合には、販売店によってこのような事前承認を実際の商品代金とは別に事前に行うところがあります。その場合、最低限の金額で一旦決済をかけてみて、通るようであれば「このカードは使える」と判断し、その後本決済を行う、ということがあります。

これの何が困るかというと、結構大手の銀行発行のデビットでも「100円未満の決済は不可」といったことをしている場合もあるんです。実際私、これに引っかかって、海外のオンラインショップで大変面倒でした。そのお店ではPre orderの段階で一旦商品代金を決済します(先に本決済をする)。その上で、発送時に「少額オーソリ」として1〜5¢の最低金額での仮決済を行ったのですが、上記の「100円未満の決済は不可」のカードの場合、1〜5¢では100円に満たないのでエラーが出てしまうのです。結局このカードではオーソリ(承認)が出来ないのでダメだ、ということになり、一旦そのカードでの支払いをキャンセル、けれどデビットは「即時決済」のため、一旦口座から本決済分の全額が引き落とされています。キャンセルになった場合には数日で口座にお金が戻るのですが、それまではそのお金は使えません。

これが三菱東京UFJ-VISAデビット(JCBデビットはまだ未確認)では問題ない(最低金額の設定がない)んですね。これは実際に電話で確認しました。

「別に海外で買い物なんてしないから問題ないし」と思われる方もいると思いますが、意外と多いんです、日本でも。その場合、理由もわからずにまず「事前オーソリ」で跳ねられて「使えないようです」と言われます。また、これ意外と忘れがちなのですが、コンビニなどで100円未満の買い物で使用した場合に、前述のような他社のあるデビットではエラーが出てしまいます。このカード、タッチ決済も出来る機能を持っているだけに、これは意外と致命的だと思うのですが、今のところ改善された、という話は聞きません(こちらにも当時電話で確認済み。「現状予定はありません」と言われました。)

三菱東京UFJ-デビット バナー

月額払いでも他行のカードに比べて比較的緩やかで汎用性が高いから。

デビットの弱点の一つとして、携帯電話料金の支払いやネットにおける月額課金、公共料金のような「毎月決まって決済されるような支払いには使えない場合が多い」というのが挙げられます。少し探せば「デビットで支払いが出来る携帯電話会社について」といった記事や、契約時のカード番号入力の際に「デビットはご利用いただけません」といった記載を目にするかと思います。

これ、結構会社と銀行によってまちまちなんです。以前は使えていたのに、突然使えなくなった、ということも多い。この点、銀行によっては「すべて使えません」とハッキリ決めているところもありますし「使えない場合もあります」としているところもあります。銀行の場合には比較的後者です(経験上)。

携帯電話は厳しい場合も多いのですが、公共料金やネットサービスに関しては意外と柔軟に対応してくれる会社もありまして、その場合前者のようなカードだと無条件で☓なのですが、三菱東京UFJ-VISAデビットをここ数年使ってきた限りでは、意外と使える場合が多い(もちろんここはカード会社側のさじ加減もあると思うので、今後変更される可能性もあります)。

この「すべて使えません」と「使えない場合もあります」って、別に悪いことをしようとしている訳ではないのですが、精神衛生上かなり違ってくるんですね。「もし使えなかったらどうしよう‥」とドキドキしながらカードを出したり、せっかく口座に入金してきたのに、肝心のところでエラーが出て使えず、仕方ないので再び銀行ATMに行って下ろして、三菱東京UFJ銀行に入金してきた、ということも何度かありました。

もちろん「三菱東京UFJ-デビットならすべて使える」と言いたいわけではありません。ただ、その制限が比較的柔軟です。たったそれだけの印象なのですが、使用時の小さなストレス、不安って結構積み重なると大きいです。私の中ではそれだけでメインのデビットとして使いたくなってしまうのです。

三菱東京UFJ-デビット バナー

新たに提供される「三菱東京UFJ-JCBデビット」と「三菱東京UFJ-VISAデビット」の違い。

以上、デビットの魅力や三菱東京UFJ-デビットの魅力について書いてみましたが、ここまでに「三菱東京UFJ-デビット」と「三菱東京UFJ-VISAデビット」と、表記がところどころ違っていたことに気づかれた(違和感を感じられた)方もいるのではないか、と思います。従来であれば、すべて「三菱東京UFJ-VISAデビット」で良かったのですが、今回同行は新たに「三菱東京UFJ-JCBデビット」の提供を発表しました。

三菱東京UFJ-JCBデビット(サンプル)

「三菱東京UFJ-JCBデビット」は国内外のJCB加盟店で利用できます。原則ご利用の都度、代金が指定の普通預金口座から引き落とされるため、現金感覚で利用できます。ご利用は預金残高の範囲内で、あらかじめお客様ご自身で利用限度額を設定することもできるため、使いすぎる心配がありません。加えて、利用金額に応じてポイントもたまる便利でおトクなカードです。

三菱東京UFJ-VISAデビット」と「三菱東京UFJ-JCBデビット」の2つから選べるようになるんですね。

この文章作成時はまだ「三菱東京UFJ-JCBデビット」に関しては「先行受付期間中」で今後発行されていくため、私自身がまだ実際に使えておりません。そのため、体験に基づく部分は既に数年愛用している「三菱東京UFJ-VISAデビット」と、また三菱東京UFJ銀行発行のデビット全体を表す際には「三菱東京UFJ-デビット」と書かせて頂きました。

この2枚のカードは、基本的にひとつの口座につきどちらか一枚しか選択できません

つまり、既に「三菱東京UFJ-VISAデビット」を愛用している私の場合には追加で「三菱東京UFJ-JCBデビット」を持つことは出来ないため、このままでは実際に使いながらの細かい部分を確認することが出来ないのは残念なのですが、現時点で公式サイトにて記載されている情報から、従来の「三菱東京UFJ-VISAデビット」と「三菱東京UFJ-JCBデビット」の違いについて見てみます。

三菱東京UFJ-JCBデビット(サンプル)

大きな違いは「還元の方法(キャッシュバックかポイントか)」と「付帯保険」の違いです。あとは単純な「VISA」と「JCB」のそれぞれの会社の提供するサービス(キャンペーン含む)の違いくらいですね。少し表にしてみます。

三菱東京UFJ-VISAデビット 三菱東京UFJ-JCBデビット
VISA JCB
自動キャッシュバック
毎月のショッピングご利用金額の0.2%
Oki Dokiポイントプログラム
1,000円(税込)ごとに1ポイント
海外旅行保険 【死亡後遺障害】最大3,000万円
【傷害・疾病治療】最大100万円
【賠償責任】最大2,000万円
【携行品の損害】
1旅行最大20万円、年間100万円
(自己負担額3,000円/1事故あたり)
【救援者費用】最大100万円
国内旅行保険 【死亡・後遺障害】最大3,000万円
国内ショッピング保険 最大:年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)
海外ショッピング保険 最大:年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり) 最大:年間100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)
不正利用補償 最大:年間100万円 最大:500万円(1事故あたり)

保険に関しては適用には「旅行に関する所定の料金のお支払いにデビットをご利用いただいた場合」や「適用される日数」など細かい規定があるので、このあたり興味のある方は実際にサイトにてご確認頂きたいのですが、両者で意外と違いがあることに気づきます。

私達夫婦の場合であれば、現在2口座で計2枚の「三菱東京UFJ-VISAデビット」を用途に応じて使い分けているのですが、

  • 「生活用口座」は家族の生活必需品等の買い物が多いので
    国内、海外問わずショッピング保険のある三菱東京UFJ-VISAデビット」。
  • 「個人用口座」は台北など海外に行く際の旅行代金の決済等に使うことも多いので
    国内、海外問わず旅行保険の厚い三菱東京UFJ-JCBデビット」。

にする、というのも良いかもしれないな、と思いました。そのカード(口座)の用途に合わせてVISAとJCBの付帯サービスも含めた全体を考えた上で選択する、ということが出来るようになるのは魅力的だと思います。

既にクレジットカードを愛用されている方も、一枚持っておいて使い分けると思った以上に便利です。

私の愛用する三菱東京UFJ-VISAデビット

今回の三菱東京UFJ-JCBデビットの登場で、わが家のメインのデビットが変わってくるかもしれません。

ここまで読まれて、「でももうクレジットカード持ってるから」と思われた方も多いと思います。ただ、使い方は同じでも、前述のように、決済のタイミングが異なることで、ご自身の用途に合わせてうまく使い分けることが出来ると思っています。意外と「即時決済」の身軽さ・気楽さというのは大きいと思っています。なぜなら購入時点で既に支払ってしまっているので、冒頭のように引き落とし日近くになって凹んだり震えたりする必要がないからです。

もちろんクレジットカードの良さもあります。クレジットカードのほうが公共料金等でも気軽に使え、汎用性は確かに高い。ただ、どうしてもその場で自分の支出を把握できていないと、あとで家計を整理する際に意外と面倒だったりします。

生活の中でキャッシュレスが増えてきて、コンビニでもどこでもクレジットカードを使う、という方も増えてきたと思います。ただ、すべての支払いをクレジットカードにしてしまうと、あとで明細を確認してもその内、何に幾ら使ったのか、それは自分の家計において正常なのか、といった判断が付きにくくなりがちです。

例えば日用品の買い物に関しては、生活口座と紐付いたデビットに変えて、その都度引き落とされるようにする。その月に買った日用品の金額がそのままその月の口座の明細に反映されます。クレジットの場合には、今月引き落とされる金額の載った利用明細に表示されるのは、1〜2ヶ月前、もしくはそれ以前の支払いの記録です。

また、私の母の場合には、海外旅行にはクレジットカードとは別に、デビットを一枚持っていきました。これはメインバンクではなく、デビット専用の口座として作りました。そして、海外での買い物はすべてこのデビットから行いました。お金が足りなくなっても、その場で日本にいる家族に連絡すれば、家族がその口座に入金してくれた時点でまた使えるようになります。

また海外ではクレジットカードで「一時的なキャッシング」をして現地通貨を引き出す方もいると思います。これ、デビットでも可能です。なぜなら基本はVISAやJCBのついたクレジットカード扱いだからです。そして、そのキャッシングして現地通貨として引き出した金額は、あとで返済する必要はありません。なぜなら、既に自分の銀行口座からその時点で引き出されているからです。意外と海外旅行において、デビットは便利です。例え紛失しても、口座の残高内でしか使えませんし、口座の残高を0にしてしまえば、全く使えなくなるからです。

使う人の工夫次第でクレジットカード同様、様々な使い方が出来るのがデビットの魅力。それは冒頭の私のようなダメな大人専用のカードという訳ではありません。

まだ使われたことのない方も、また既に持っているけれどうまく使えていない方も、改めてデビットについて考えてみてほしいなぁ、と思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク