[0619-201502] Microsoft Office 365 Soloを導入した理由はクラウドOneDriveが1TBになるから。

スポンサーリンク

先ほど、MicrosoftのOffice 365 Soloを購入しました。年間で申し込んだほうがお得なのですが、月更新です。

Amazonだと3月31日までキャンペーンをやってるんです。クーポンコードMSDL1500を入力すると1500円OFFに。まぁ私は購入してから知ったのですが。買い物下手です。

なぜ私はOffice 365 Soloを購入したのか。

HIRO95_ukabukuragetotokyo500

我が家では現在Officeは2010を使っています。特に不便は感じていませんし、既に支払い済みですので、サポートが終わらない限りこのまま使い続けられるんです。

けれど昨日あたりから気になり始めてしまったんですね。理由は何か。

それはクラウドOneDriveが1TBに増量されるということです。

必要なものを全て保存できる場所 | Microsoft OneDrive

Chromebookを主に使い出してから、クラウドの魅力を再認識した。

ChromebookとGoogleドライブの融和性は素晴らしいです。ありがたいことに購入時のキャンペーンで2年間は1TBに増量されているおかげで、実質1TBのストレージがこのChromebookの中に入っているような錯覚に陥ってしまうくらいの自然さです。

勿論使い勝手はWindowsとChromeOSでは違いますし、あくまでネットに繋がっていることが前提の使用感ではあるのですが、実際使うときはほぼ繋ぎっぱなしです。家で使うときにはオンラインでないとしたら単に料金払い忘れて電話が止まった時くらいです。きっと。

a0726_000036_m

[0443-201412] 冬至といえば柚子湯ですが、先日ガスを止められた話。

更に、例えばOneDriveにしろ、Dropboxにしろ、Windowsの場合は自分のPCの中のストレージにも全く同じフォルダ構成でファイルが作られ、そのファイルを編集します。編集されたファイルはすぐに同期されて更新されます。編集するのは基本的に自分のSSDなりHDDの中のファイルです。

Chromebookも細かいことを言えば一旦Chromebookの中にダウンロードしている、とも言えるのですが、感覚としてはより「クラウドのデータを直接編集している」感覚に近い。

同じように見えて、この2つ、結構違うんですね。気楽さが。

[0614-201502] Chromebookが私の心を捉えて離さない一番の理由は、その気軽さと身軽さにあると思っています。

Chromebookで特に使いやすいのはGoogleドライブですが。

business-switchx4500

当然のように最も意識せずに自由に使えるのがGoogleドライブです。そりゃそうです。その仕組みを今まで時間をかけてGoogleは作り上げてきたわけですから相性は抜群です。

ただ唯一の弱点としてはGoogleドライブの場合、自然に使えるオフィス系のアプリはGoogleドキュメントなどのGoogleのアプリだということ。

一般的なMicrosoftのOfficeはOneDriveなりにデータを移してから編集することになります。若干面倒。こういうところを意識しなければならないだけで、先ほどのWindowsパソコンでのクラウドと同じ感覚に近くなってしまうのです。

まぁそこまで拘らなければGoogleのアプリでも構いませんし、使い勝手も悪くない。むしろ下手にOfficeのオンラインを使うよりも細かいところでオンラインとしての出来はGoogleのほうが良いかもしれません。

機能限定のOfficeオンラインはまだまだそうした点では弱い部分があります。